Service
Life Planning
人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ライフ・プランニング」といいます。
ライフ・プランニングには、家計にかかわる金融・税制・不動産・住宅ローン・保険・教育資金・年金制度・健康保険制度など幅広い知識が必要になります。
これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家がFP(ファイナンシャル・プランナー)です。
フェイスではファイナンシャルプランナーの資格をもった経験豊富な専門家がご対応させていただきます。
フェイスは相談者の夢や目標を達成するために、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析します。
そして、お客様の立場や、ライフイベントを考慮したうえで、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助します。
また、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、司法書士、不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながら、ライフ・プランニングを行います。
Life Insurance
皆様が保険に入る目的は何でしょう?
人生のなかで守りたいのは誰ですか?
生命保険はどの会社のどの商品が良いと一概にいうことができません。
何のためにどんな保障が必要なのかを考えて商品を選定する必要があります。
人生に密接にかかわる保険は、目的の追求から始めましょう。
フェイスでは、ファイナンシャルプランナーがお客様一人一人の夢や想いをお伺いし、万一の場合に必要な保障額を算出してご提案いたします。
  • ・死亡時の遺族の生活資金対策
  • ・就業不能時の生活資金対策
  • ・医療費対策
  • ・教育資金対策
  • ・老後の生活資金対策
  • ・相続対策
Real estate
住宅購入は多くの人にとって一生で一番高い買い物と言われており、ライフプランに大きな影響を与えます。
自分の年収や用意できる頭金に対していくらの物件であれば購入することができ、ある程度の余裕をもって支払をしていくことができるのか。また、優遇税制や、返済方法、団体信用保険をどう活用するか。こういった点を理解して住宅を購入することで、後で返済が苦しくなったり、生活が立ちいかなくなるということが起こりにくくなります。
家を購入すべきか、賃貸住宅に住み続けるべきか
マンションが良いのか、戸建て住宅が良いのか
頭金を貯めて購入するか、全額ローンで購入するか
住宅ローンの特徴は何か
繰上げ返済をいつすべきか
住まい給付金の特徴
フェイスではファイナンシャルプランナーが不動産・住宅に関するお客様の疑問を解決し、 サポートします。
Inheritance
身近な方がお亡くなりになられると、相続が発生します。
経験された方ならお分かりになられると思いますが、相続が発生するとその手続きはとても煩雑で分からないことがとても多いです。
たとえば、死後の遺族年金が知りたいのであれば年金事務所や社会保険労務士が相談に乗ってくれます。
相続対策を保険でするのであれば、複数の保険会社を取り扱っている保険代理店が最適な保険商品を勧めてくれます。
不動産で対策するのであれば、不動産屋が最適です。
相続税の納税に関する相談は税理士になりますし、複雑な土地の評価を鑑定して欲しければ不動産鑑定士が最適です。
不動産の名義変更は司法書士になりますし、土地を分筆して登記するのであれば土地家屋調査士の協力も必要です。
相続人と揉めている場合や、遺言相談は弁護士が最適です。
遺言を公正証書で残すと決め、ある程度方向性が定まっているのであれば公証人役場に行けば良いでしょう。
このように範囲がとても広く、誰に聞けば良いのか分からないものも事実です。
そこで社会保険制度や保険、金融、不動産、税制、相続の知識をバランス良く持っている「ファイナンシャルプランナー」がお客様の相談窓口として役に立ちます。
フェイスではお客様の状況を詳しくヒアリングさせて頂き、必要に応じて提携の専 門家と協力の上お客様の問題を解決します。
  • ・遺産分割対策
  • ・相続税納税資金対策
  • ・節税対策
Saving Electricity Bills
簡単なお手続きだけで 電気料金が削減!
1.初期費用なし!
お客様負担の設備変更(※)や初期費用はかかりません。
※特殊な設備等を使用されている場合はその限りではありません。
※ビルや工場だけでなく個人のご自宅も 対象です!
※電気の使い方によっては安くならない場合もあります。ご了承ください。
2.電気の使い方は今まで通り!
電気の使い方、安定性は従来と変わりません。
契約を切り替えても停電が増えるなどといったことはありません。
3.申込書1枚記入のみの簡単なお手続き!
書面でのお手続きだけで割安な電気料金に変更することができます。
4.途中解約しても違約金は発生しません!
途中解約した場合、違約金を取る新電力会社がございますが、弊社取扱いの新電力会社では違約金は取りません。
まずはシミュレーションをご依頼ください!個人(低圧電力)の場合、1か月以上の電気代明細があれば試算できます
(企業の高圧電力の場合は1年分の電気代明細が必要です。)